初回30日間無料お試し

2018年 - 5曲

大型サーキットには未出演ながら、バンド・個人イベンター・ライブハウスからのオファーが絶えない彼らが、いよいよオーバーグラウンドに打って出る作品を完成させた。誰が言ったか知らないが“泣ける喜劇”のようなカタルシスを生む彼らのサウンドは、聞き手が“自分を曲に重ね合わせつつ”シンガロングできる、パーソナルなのに一体感を生む“体温”を感じさせる。かねてから内包していたフォーク的な距離感、パンク・ロックンロール的な衝動に、モータウンやクラシックなロックのようなダイナミックなグルーヴを吸収し確実に進化しつつある。 (C)RS

その他の作品